2017年2月23日木曜日

結界なイメージ習作

 
 





2017年2月20日月曜日

生クリームからバターを作るコスパとSIROCAのホームベーカリー

生クリームからバターを作るコスパを計算してみた。
乳脂肪47%タカナシの生クリーム200gをカネスエで買うと350円ぐらい。約100gのフレッシュバターができるので、100g単価は350円ぐらい。
Amazonで見ると雪印バターの200gが540円なので、アマゾン価格と比較すると、若干自家製のほうが高くつくようだ・・・もちろん業務スーパーで業務用1kgのバターにはまったく敵わないが。
タカナシの乳脂肪47%生クリームを使って自家製発酵バターを作った場合の1.5倍ぐらいの価格になるが、エシレの発酵有塩バター100gを10個まとめ買いすると4980円だったので、味も含めたコスパではエシレのほうが圧倒的にいいなぁ!・・・エシレと比べるなんて失礼だった。
 それにしても、先日買ったSIROCAのホームベーカリーは大活躍。バター作り・ヨーグルト作り・パン生地コネ・発酵・パン焼き・なんなら全自動パン焼き・ジャム作りでも焦げ付かず見てる必要がない。先日来実験も兼ねて朝イチでバター作り、その後パン生地コネ・発酵・焼工程。午後マーマレード作りを3回やって、寝る前には朝までにヨーグルトお願いねっと豆乳と種菌をセット、一日中よく働いていた。今朝は豚ロース塊肉をヨーグルト作りモードで低温調理しようと試みたが少々温度設定が低く、もう3年ほど使っていない炊飯器にご登場願った。

じゃあ、どんなミラーレスカメラを希望するか?

まず、予想できるSIGMAのミラーレスカメラ。
安直には、sdQuattroベースでマウントをFEマウント(ライク)にしたカメラ、SIGMA製レンズで言えばDNシリーズがそのまま使えることになるが、正直ソレじゃあねぇ・・・
モロモロ遅さは100歩譲っても、明るいレンズはないし、ブレ防止付きレンズもラインナップされてない、ソニー製ではそれなりに魅力的なレンズはあるが・・・SIGMA=メーカー的に旨味はあまりなく、FEマウント(ライク)の新レンズ群開発とセットでなければ意味がない。
 ではCanon、EOS-M5をフルサイズ化したもの?必要ならEOS-Mマウントではなくより大径化した仮称EOS-Lマウントの様なマウントにする。まぁ妥当な線ではあるが、オリンパスのプロキャプチャー機能のようなものがほしいし、撮像素子からライブビューの読み出しをさらに高速化などがないと、もう一つ魅力的ではない。
 オリンパスのEM1Mk2はボディ内手ブレ補正・ファインダー性能・プロキャプチャー・連射性能・AF性能などで、ミラー式一眼レフを凌駕する橋頭堡を築いたが、その性能を発揮するには現在のところオリンパス製レンズ使用が前提でありストロボ撮影に対応していない点が問題。かつ、マイクロ・フォーサーズという小さなセンサーではA3~A2までがギリギリの印刷サイズとなり、ベイヤーセンサーという部分は目をつむったとしても、EOS-5Dsの5000万画素・高感度性能には追いつけていない。
 要するに何がほしいのか?
DPMerrillシリーズじゃイケないの?、、、ま、当分使い続けるつもりだけどね。

2017年2月19日日曜日

願望混じりのカメラ展望

くどいようだが、願望混じりのカメラ展望
http://digicame-info.com/2017/02/cp4.html
CP+が近づいてきて上のようなSIGMA情報が飛び交っている。
依頼仕事としての写真からフェードアウト間近の僕としては、自分のためのカメラとしては是非SIGMAFoveonを使いたく、今年のCP+ではあり得ないだろうがSIGMAに期待したいのは、dpQuattroベースのレンズ交換式ミラーレスカメラ、叶うことならフルサイズセンサー。そんなSIGMAのミラーレスは新マウント・多分フルサイズで2年以内に出てくるという予想・願望。
一眼レフに未来がないとまでは言わないが、流れはミラーレスだと判断している。昨年末のオリンパスEM1MarkⅡで装備されたプロキャプチャーを見ると、動体撮影においても一眼レフの優位性は失われ、仕事カメラというレベルで考えれば、今後はミラーレスに主流が流れるのは必至。かつミラーレスのショートフランジバックが広角レンズの設計上高性能・小型のものを作りやすいという記事にも納得。SIGMAで言えば、ソニーFEマウント(フルサイズミラーレス)用レンズの開発は、すでに社長談で述べられている。シグマのレンズ交換式ミラーレスsdQuattroを、SDマウントという自社の一眼レフ用レンズマウントで出してきたことは、これまでの自社SDマウントユーザーへのエクスキューズという意味では納得できるものの、将来的には合理性にかけ、ボディデザインも妙なものになっている。
多分だが、SIGMAとしては新ミラーレス・マウントのフランジバックをどの程度に収めるか? Canonフルサイズミラーレスの新マウント規格発表の様子待ちしてるんじゃないかな? いずれにしても、ソニーFEマウントをターゲットにしたフルサイズ・ミラーレスに最適化した新レンズ群を準備中と予想はできる。同一光学設計でFEマウント、Canon新フルサイズミラーレスマウント、自社用フルサイズ・ミラーレス新マウント、他各種ミラーレスマウントなどを発売するだろうと予想、そのためのCanon規格発表様子見。
マウントアダプターでSONY_FEマウントアダプターを使えるよう、フランジバックは少し長めの光学設計をしてくると嬉しいなっと願望。なぜならば、流石にSIGMA専用レンズではユーザーが尻込みをする可能性が高く、sdQuattroでSIGMAマウントレンズをアダプター経由ソニーαカメラで使えるのと同じ戦略を取るような気が「願望」を含めてある。
それらが出そうろうのを2年後と想定して、僕は依頼写真仕事をやめており、Canon一眼レフおよびEFレンズ群をすべて処分し、SIGMAの新規格フルサイズ・ミラーレス・カメラボディに何本かのシグマレンズ、そして高感度用サブボディにSONYもしくはCanonで、シグママウントレンズをアダプター経由で使えるフルサイズミラーレスを買うだろうと展望する。

2017年2月18日土曜日

発酵バター、リコッタチーズ、ダイダイポン酢

今日はお料理と言うか食材作り三昧!写真は、先日仕込んで(発酵させて)おいた47%生クリームを使った発酵バター作りでスタート。残ったホエイでリコッタチーズを作るも、元の生クリームが200gなので、大さじ2杯程度?(コーヒー用ペパーフィルターで濾過)しか出来ず、バターは約100g出来た。

一方、ダイダイ(橙)10kgはモロモロ作業するには鍋の大きさが足りず、今日のところは半分ぐらいにしとく予定。まずは果汁を絞ってダイダイ酢作りから。外皮は苦味取りと柔らかする作業を兼ねて、圧力鍋を使ったが微妙に風味も飛び過ぎな感じ。現在果汁を絞った残り滓を煮てペクチン抽出中 by 家人。この後、ペクチンとある程度煮込んである外皮を混ぜ、味を整えもう少し煮込む、最後はグラン・マルニエの力を借りて味を完成させるのだが、正直今だ実験中で僕的に製法は確立していない。 この手の調理、まるで暗室作業のようで少しずつ薬品(材料)の量を変えてみたり、温度や時間を変えてみたり、、、まぁ面白く楽しんでいる。





2017年2月17日金曜日

今、ダイダイ(橙)熱愛中

橙が10kg届いた!
1月に知人から頂いたダイダイ(橙)50個ほどを、その時は正直嫌々ながら絞ってポン酢を作り、搾りかすがもったいないのでママレードも見よう見まねで作ってみた。その橙ママレードとチョコレートがとても良く合うので最近ダイダイに夢中。2月にも50個ほど追加でいただいたが、最近のマイ橙ブームの消費ペースから行くと、今年年末の次の収穫まで在庫が持つかどうか?、、、と言う訳で農家直売通販を調べたら、ほどほどお値打ちで信頼できそうな農家を発見、早速10kg注文した。橙ママレードと柚ママレードは、この一月ぐらいの間に4回作ったので大体作り方も安定してきた。さらに、市販のママレードを2種類、そのうち1種類はこだわりのお店の品だったが、昔買ってラム酒に漬けてあった市販オレンジピールも含め、砂糖の使いすぎと苦味(風味の個性)を抜き過ぎで、手前味噌かも知れないが少なくともチョコレートと合わせたり、フルーツ・ケーキに混ぜるには我家製のほうが美味しいという結論。家人などは毎晩赤ワインにグラン・マルニエを垂らして飲んでいたホットワイン風を、橙ママレードを底に一匙落とし、電子レンジで加熱したもののほうが美味しいと毎晩飲んでいる始末。
ダイダイと聞いても普通、正月・鏡餅のお飾りぐらいしか思いつきませんでしたが
英語ではビターオレンジ、マーマレードの主原料、グラン・マルニエでも柑橘類のトップで使われています、その果汁は柚が主流と思われがちな、ポン酢の味の決めて、そのままソレだけをかけても美味しいサラダのドレッシングになる隠れた柑橘類だと、最近発見した次第。我が家でダイダイから作ったママレードは普通の家庭では、甘みが少なく使いづらいと思いますが、チョコレートやフルーツ・ケーキなど製菓材料には欠かせない強い風味があります。市販品のマーマレードはたとえば山口さんちのお近く・北東の通り沿いにある何とかっていうこだわり・小さなジャム専門店の品でさえ甘すぎたり、苦味・風味を消しすぎている印象。

2017年2月14日火曜日

人類遺産という映画

昨日は試写会にお誘いいただいて↓の映画を観てきた。廃墟は好きだし、カメラアングルも好みに近かったんだが、監督さんの背が高いせいか?、僕なら後40~50cmカメラ位置を下げたいと言う気持ちが映画を観ながら少しストレスになった。事前に情報を十分読んでいなかったので、撮影地に福島が入っていることに驚いたり、風邪は演出だろうと思いながら観た後、詳しく解説を読んだらやはりそうだった。そして音も殆ど同録ではないとのこと、送風機の音をどう消したか?の謎が溶けた。是非ご覧になることをおすすめするが、僕的には作り手の側に感情移入しすぎて疲れた映画だった。
http://jinruiisan.espace-sarou.com/

今朝は朝っぱらから、ホームベーカリーを使ってバター作り


今朝は朝っぱらからバター作り@ シロカのホームベーカリー,
HBのメニューにあったので、昨日乳脂肪45%の生クリームを買ってきて試してみたんだが、コスパは悪そう、でもホエイができるので、残りのホエイを使ってフルーツパン作りに先ほどからはいっている。そして焼きあがったのが↓、まだ気泡の量に不満はあるがこれまでよりはいい出来上がり。

追記:フレッシュなバターはそれなりに美味しかったが、コスパの点では毎回作るのもなぁ???の世界。ならば発酵バター!も、簡単に作れる様子なので、明日以降試してみようと、前回売り切れだったタカナシの47%クリームを買ってきた。

2017年2月13日月曜日

今朝のご飯

今日は午後早めの昼食を摂り、お出かけ予定なので朝ご飯はジュースとコーヒー、フルーツ・ケーキ風パンに大盛りホイップクリームを乗せて、甘系(でも糖質制限食材で作った)軽めでいただいた。

2017年2月9日木曜日

朝からお疲れ

朝っぱらからお疲れモード、一昨日昨日の仕事疲れやその間の電話での気苦労、明日の微妙なスケジュール進行などが気分を曇らせている模様。そして、先週入れ替えたホームベーカリー、試運転で失敗パンを作った後、今糖質制限粉のレシピに従った水分量と、手動時間コントロールでリベンジを図っているが、2斤焼きに粉を500g使ったのが多すぎた様で、こねる機械の壊れそうな悲鳴が聞こえる、、、嗚呼T-falは逞しかったぁだって540gを余裕でこねてたもんな!  

2017年2月6日月曜日

我が家の非常食に新採用

以下の業務用?アーモンドピーとバタピー500g袋を我が家の常備非常食に新採用。その心は常備保存非常食は日頃食べているもので、絶えず新しいものに置き換え可能かつ保存性がいい物なものがよろしく、且つこの食品はローカーボで高タンパク・高脂肪・ミネラルたっぷり、調理入らずで乾燥食品。そしてほぼ毎晩のように、酒のツマミとして我が家では消費されている、、、そしてお値打ち。毎日のように消費しつつ保存している非常食という意味では、サンベネデットの炭酸水も1.5L瓶を10本程度は常備するように買増しているが、このアーモンドピーとバタピーも500g袋で10袋ほどは常に在庫するように買い増す予定。
災害時・非常時まで「糖質制限かい?」と訝しがられる人も多いかと思うが、災害時に非常食として提供される食品はおにぎりだったり・アンパンだったりばかりで、ほぼ炭水化物のみでカロリー計算上OKとすることが多く、東日本大震災の救援活動でも被災地で太って戻ってきたという例はよく耳にした。ソレは健康維持上よろしくないし、太りたくもない。

2017年恵方巻きと、SIROCAのホームベーカリー

知人会社の 節分 イベントで頂いた二日遅れの恵方巻き(名古屋じゃソコソコ有名な日本料理店特製)を1/3と麩まんじゅう(こちらも扶桑近辺では有名なお店)を一つ半 食べたら 、とっても腹が張る? 胸焼けがする?糖質をこんなに沢山一度に食べることは珍しいので多分それが原因だと思う。
日曜日の午後は新しく届いたSIROCA製パン焼き器で試運転=実験をやった。正確に言うとフランスパン風コースをほとんど機械任せで、見た目の膨らみが足りないので発酵過程を1時間ほど延長して、焼いてみたんだがあんまり膨らまずそういう意味ではティファールとほぼ一緒、要するに多分?糖質制限粉を使うと、発酵時間が不足するようだ。もう一つ思い当たるのはSIROCAのレシピの小麦粉を糖質制限粉に置き換えると、水分も足りないような気がする。ティファールは制御系以外に攪拌羽根も不調なので、それなりに切り替えはせざるを得なかった、 ティファールより良い点は もろもろのメニュー選択の自由度が高くできることかな、 ヨーグルト作りとかジャム作りとかメニューの幅も広い、昨夜から6時間かけて作ったヨーグルトは大成功だった、次はジャム作りのtest。T-falが優れていたのは全体に堅牢そうな作り、おフランスメーカーだけあって想定仕上がりがヨーロッパタイプ?なのかなっという淡い期待など。粉と水の分量比などは糖質制限粉メーカーの推奨値などを参考に、練り・発酵・焼成時間をそれぞれマニュアルで調整しながら、もう少し実験は続く?

2017年2月4日土曜日

失敗パンをフルーツケーキ風にリメイク


昨日焼いて失敗したパンをフルーツケーキ風にリメイク、パン焼きを失敗したのはドライフルーツを混ぜたパンを焼くと、発酵がとても少なくなる点を改善しようと、一次発酵させたパン種を平らに伸ばしラム酒漬けのドライフルーツを巻き込んで整形し二次発酵後、焼型に入れて焼いたんだけど、パンはパン、真ん中にドライフルーツというアンパン状態になってしまった。ついでに5年半使ったT-falのホームベーカリー機が焼きの途中で止まってしまうというトラブルにも見舞われた=壊れたんだが、パン焼きの失敗は其のせいではない。写真の断面で、栗の塊がゴロゴロ入っているようにみえるのは失敗したパンをサイコロ状にカットしてフルーツ・ケーキ種に練り込んで焼きあがった姿。先程試食したがフルーツ・ケーキのようなパンという感じ。材料は糖質制限用鳥越製粉のオーツブランミックスとラカント、カカオパウダー、バターの代わりにココナツオイルと卵、ラム酒漬ドライイチジクと先日山ほど作ったダイダイ・ママレードなど。かなり美味しく出来上がり、朝の甘いパン食にぴったり。一塊はフルーツ・ケーキの場合そうするように、ラム酒ではなくグラン・マルニエを刷毛でたっぷり塗ってアルミホイルでくるんで何ヶ月単位での熟成に回すことにした。そう言えば昔、世田谷の経堂駅前にあった好味屋というパン屋でアルバイトしてた時、売れ残ったケーキを全部混ぜて焼き直したマーブルケーキというのがあって、そこから連想して作ってみた次第。
うちの祖母や母が得意としていたフルーツ・ケーキだったが、僕もできそうな予感。
T-falのホームベーカリーが壊れたのを機会に、パン焼き先輩氏の手こね・オーブン焼きにしたら?という話も頭に残っていたが、手こねが面倒なのもあり、ついつい別のメーカーの2斤焼きできるホームベーカリーを早速発注、ヨーグルトも作れるとのことでチョット楽しみ?
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00W3OTCNW/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

2017年2月2日木曜日

ヴェネチアという言葉に涙腺が反応

TV TBS 系の火曜ドラマ「カルテット」を見ていて涙がとまらなくなってしまった。その理由は「チェロという楽器が1700年代にヴェネツィアで生まれた」と言うセリフ、そのベネチアと言う言葉に涙腺が反応をしてしまったんだ。 実はよくあることなんだけど、ヴェネツィア、ベネチア、ベニス 、あるいはレ・ミゼラブルなどの言葉を聞くと涙が止まらなくなる、なぜなんだろうか? 前世がベネチア人だったということも 思い浮かぶけれども、容姿、体格共にどう見たってベネチア人ではないし・・・

2017年2月1日水曜日

2017年1月31日火曜日

K君のフォアグラ、燻製中。

いただいたK君のフォアグラ、燻製中!初めての試みで熱をかけると脂肪が溶け出るので、下面の燻製は諦めてでも氷を張ったバットの上に載せ、バットごと燻製中なり。燻製前に60℃で真空低温調理をした時に既に脂肪が溶け出し、その脂肪は昨日作った直径26cmのケーキ風ハンバーグ(下の写真)にかけさせてもらった、脂肪だけを味わうと甘い香りと称した友人がいたが、まさにその通りで溶かしバターのようだった。燻製完成時の写真は撮れないかもしれないけど、M様お約束の写真ね!


2017年1月29日日曜日

家人不在の日曜ランチ。

日曜日のランチは家人仕事なので、ひとりランチ。
写真はないが、家人がいると食べられないものを作ってみた。
まず家人は生っぽい肉が嫌いなので、なかなか作れない真空低温調理のポークソテー。
朝買ってきたロース肉をトンカツほどの厚さ・大きさに切って塩コショウし、60度ぐらいで40分ほど低温調理後、熱く熱したフライパンで表面に焼き目をつけるだけ、もっと生っぽいほうが僕は好みだが、豚の場合はどうなんだろう?豚で生っぽい調理の場合冷製の方が美味しいような気がする、臭いの点で。
もう一品は、糖質制限的には禁断のパスタ。こちらも家人が好きじゃないアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノを超久しぶりに。非常食用に買い置きしてあったパスタを1食30gを限度に最近時々食べているので、それを使ってみた。
付け合せ野菜は、家人も好きなパプリカの焼いたものとロマネスコいうカリフラワーイタリア版みたいな野菜でこちらは我が家の定番標準メニュー。
結果は夢作りたいと思って作った真空低温調理がそれほどでもなかったので70点かな?

26年ぶりに、天窓のスポットランプ、LEDに交換

5m超えの天窓内に仕込んであるスポットライト12灯を26年間で1灯しか切れなかったハロゲンランプからLEDスポットに付け替え作業を、写真のハシゴを使って完了、約4時間ほどかかった=疲れた。簡単な球交換作業かと思われるかもしれないが、26年取りつけっぱなしのハロゲン球はしぶとく外れず、ハロゲン用リフレクターを軽く破壊してLEDが差し込めるようにする作業、ハシゴ上で老体&素人がするのはかなりの苦行。結果的に電気代の節約しか効能はないわけで、作業が終わってチョット「正直、どうなんだろう?」思った次第。

2017年1月26日木曜日

2017年の健診とLED化作業その1

今年の健診、いつもながら尿酸値が高め以外は問題なし。血糖値は書類上空腹時血糖値になっているが、糖尿病の判断はHbA1c値で可能なのでというかHbA1c値の方がわかりやすいので、あえて朝食を摂り、食後1時間血糖値を測ってみた。同時進行的に眼科と歯科でもメインテナンス・検査をしたがどちらも問題なし。
別件でヴェネツィアングラスのスタンドライトをLED化する件は、二日目で壊れた。僕の改造が原因か?元々の安物LED投光機が悪いのか?不明のまま返品。2週間後ぐらいに届く予定の中華LEDパーツを使って、今度は完全自作化を画策中。スタジオトップライトに仕込んであるハロゲンスポット12灯=合計1200Wを5mの梯子を使ってLED7Wスポットライトに交換する計画は、2~3日後に届く予定のE11延長ソケットの到着を待って実施予定、それに先立って配電盤内の配線を付け替え、LEDには悪い影響がありそうな調光回路をバイパスする作業をしておいた、、、うまくいくかなぁ?
下は去年の血液検査結果

2017年1月24日火曜日

我が家の時計問題=其の3、、、BeforeAfter

上の写真Beforeが、一日の何処かで針が止まって数時間遅れるダリ風の時計、はじめは治そうと思ったんだけどムーブメントの取り外しに手間取り方針変更。この時計用に買い置きしたムーブメントを小さな黒く塗った厚紙に取り付け、壁に直接かけてみたのがAfter=右の写真。時計の次は、3F今で使っているブルーのベネチアングラスのスタンドライトが壊れた模様(玉が切れただけではない)で、大体250Wのハロゲン球を使っているのは「今時」じゃないので、コレをLED化するつもり。多分今日明日に、素材(分解予定)のLED投光機が届くので明後日以降実験試作の予定。
 ↑Before  ↓After

2017年1月22日日曜日

SIGMA_新ミラーレスシステムの夢を見た

今朝、明け方見た夢、SIGMAがsdQuattroとは別に、Eマウント互換のSIGMA版マウントでレンズシャッター式のフルサイズ・ミラーレスレンズ交換式dpというカメラを発表する夢を見た。要するにdpシリーズをフルサイズ化しレンズ交換可能なミラーレスボディにするという発想、、、僕の希望的な夢なんだけどネ。カメラ側は電子シャッターオンリーでローリングシャッターなんだけど、SIGMA_Eマウントレンズを使うときには~1/2000までレンズシャッター、それより高速は電子シャッターを使う設定、SIGMA以外のレンズシャッターを内蔵していないEマウントレンズでは電子シャッターを使って撮影するようになっていて、微妙にSIGMA製Eマウントレンズが優位な仕組みになっている。この先売れ筋間違い無しのフルサイズ用Eマウントとしても使え、来るべきCanonのフルサイズミラーレスカメラにも応用できるショートバックフォーカス高性能レンズ群開発に注力できるという案配だ。

結界という言葉で括れる写真を撮りたい

最近撮ったスナップを見ていると「結界」という言葉が浮かんでくる。
何をするのに?何を撮るのに?カメラは必要か?それが問題だ。

2017年1月21日土曜日

壁掛け時計を修理した

お気に入りの掛け時計が壊れたので、コマゴマ修理は試したが結局¥1350也の以下ムーブメントをAmazonで買って交換、モノの15分の作業。コレさえあれば壁掛け時計が追われてもムーブメント交換で簡単修理ができると実証、なんなら500円程度の追加出費で電波時計にもアップグレード可能。お気に入りの額にお気に入りの写真など額装し、穴を開けなくちゃいけないがオリジナルクロックも簡単にできてしまう、写真で矢印型長針がついているのがオリジナル、単純な棒状の針がついているのが針ごとムーブメント交換したもの、ちなみにうちには同じこの方の時計が二つあって、そのうち1つが壊れていた。実はもう一つ、ダリ風の掛け時計が不調でソレ用にも今回ムーブメントを買ったんだけど、この2~3日ちゃんと動いているので、そちらの修理は完全に壊れてから?
最近の暇つぶしは、こういう類のホームインプルーブメントばかりやっている気がする。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00ANIJJ74/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

↑、修理完成後の時計、針の形状がオリジナルとは違う。
↓もう一つの同じ型の時計、当然針はオリジナル

↓がAmazonで¥1350なりの時計ムーブメントと針のセット、ただしこの写真のセットの針はだりの時計用に唐草デザインの針を注文。
我が家の時計問題、キッチンのダリ風掛け時計が不調になり、そこに寝室の掛け時計を持ってきて、寝室の不調な目覚まし時計をこの時計↓に買い換えて、一旦解決収束したかと思ったが、ヨソから壊れた時計を貰ってきたのを修理再生など、ひとつ壊れ、ひとつ買い、ひとつ捨てて、ひとつ貰って、ふたつ直して、結局一つ増えたんだったっけ?よく分からなくなってきた。






2017年1月18日水曜日

バレンタイン女子よろしくチョコレートを作ってみた。

昨夜見たTV番組で楠田枝里子がサロン・ドゥ・ショコラの取材をしたり、ピエール・マルコリーニの工房取材を見て、バレンタイン女子よろしくチョコレートを作ってみた。
先日のダイダイママレードとチョコの相性が良かったので、その延長線上でもうひと押しというのもある。チョコの後は常備品のアイオリソースを作り、今日は少し醤油を加えるというアレンジも。
どちらも小分けしてお見舞いに持っていく目的もあるんだけどね!

2017年1月17日火曜日

昔乗ってたSUZUKIハッスルの写真

古い写真を探していて見つけた20年ぐらい間にお気に入りだった軽自動車(SUZUKIハッスル)、ルーフキャリアにはコダックの黄色いカバンをダミーで載せていたっけ、1年も乗らないうちに横転全損、事故直後の写真。色も、ボディ下回りのゴムガードも、今乗ってるFIATパンダと一緒。

2017年1月16日月曜日

愛知県がんセンターの帰り道でヒバを撮った。

自由が丘(名古屋)にある病院を訪ねた帰り道撮った写真、1995年だったか?友人(北大のI君)のお父さんに写真展用の額装仕上がりを持っていったのも同じ病院。その時は病院に着く前に見つけて撮ったヒバだったが、昨日は帰り道。そして約20年前に撮ったヒバは公園ごとなくなっていたが、道路を挟んで公園の反対側に同じようなヒバが同じように植わっていた。
22年前には、額装された写真を見て安心したかのように友人のお父さんは息を引き取ったという、記憶として記録しておきたい。







20年ほど前に近い場所で取ったヒバの写真は以下
 この公園はもうなかったような。。。見つけられなかった。